塗絵倶楽部トップページへ
お店へ
塗り方のポイント
ギャラリー
よくあるご質問
お問い合わせ
 
 
カタログ請求
ギャラリー

塗絵を完成した方から送って頂いた作品です。

しゃぽ。様 (京都府)

作品名
「紫陽花双鶏図」(伊藤若冲)

作者のコメント
大好きな若冲の塗絵があったので、思わず購入しました。梅雨の湿気をイメージして、好きなように塗りました。塗絵を通じて若冲の偉大さを再認識できました。

しゃぽ。様の作品

ギャラリートップへ↑

万美 様 (東京都)

作品名
「ロサ・ポンポニア」(ピエール・ジョゼフ・ルドゥーテ)

作者のコメント
初めて大人の塗り絵をしました。塗り絵はやめられません。色鉛筆が、古くてもまだ使えるので、使いたくてやりました。

万美 様の作品

ギャラリートップへ↑

岩井 亮 様 (東京都)

作品名
「笛を吹く少年」(エドゥアール・マネ)

作者のコメント
初めての塗り絵だったので、色鉛筆でどのように本物に近づけるかが大変難しく、また楽しめました。

岩井 亮 様の作品

ギャラリートップへ↑

岩井 亮 様 (東京都)

作品名
「読書する少女」(J・H・フラゴナール)

作者のコメント
今回は自分なりにもかなりの力作と思っています。色鉛筆のみで仕上げました。模写としては不完全ですが、本物とは違う「味」が出ておもしろい作品となったと思います。

岩井 亮 様の作品

ギャラリートップへ↑

大沼 則子 様(北海道) 

作品名
「フサザキスイセン」(ピエール・J・ルドゥーテ)

作者のコメント
今回、初めてやって見ました。お手本の色より明るく仕上がりましたが、子供の頃を思い出し楽しかったです。花より葉が平面的になり難しかったです。

大沼則子様の作品

ギャラリートップへ↑

神田 貫宗 様(北海道)

作品名
「東海道五十三次 保土ヶ谷」(歌川広重)

作者のコメント
初めは24色の色鉛筆で塗りましたが、途中から72色を購入して気分はプロ並でやり始めました。額に入れるとなかなかの出来映えになりました。

神田貫宗様の作品

ギャラリートップへ↑

神田 裕美子 様(北海道)

作品名
「カンパニュラ」(ピエール・J・ルドゥーテ)

作者のコメント
主人が水彩色鉛筆で塗っていて、おもしろそうなので次は私もそちらで塗るつもりです。一枚仕上げるのに一週間はかかりますね。仲間がいると楽しいです。

神田 裕美子様の作品

ギャラリートップへ↑

神田 国昭 様(北海道)

作品名
「東海道五十三次 日本橋」(歌川広重)

作者のコメント
夫婦・親子で挑戦しました。暇がなく、ようやく取りかかった所、楽しくて四枚目に入ります。水彩色鉛筆は微妙な色あいが出しやすいと思いました。

神田 国昭様の作品

ギャラリートップへ↑

金城 喜美子様(沖縄県)

作品名
「長崎十二景 眼鏡橋」 (竹久夢二)

作者のコメント
大好きな夢二の絵を油性色鉛筆で塗ってみましたが、自分で描いた様な気分になれました。額に入れて飾ります。

金城 喜美子様の作品

ギャラリートップへ↑

本間 恵美様(群馬県)

作品名
「東海道五十三次 吉原」 (歌川広重)

作者のコメント
細かいところは色鉛筆、緑や松などの黒い部分は水性色鉛筆で塗りました。塗りながら、広重の絵は面白い構図をしているなーと感心しました。

本間 恵美様の作品

ギャラリートップへ↑

佐伯 京子様(兵庫県)

作品名
「乙女」 (グスタフ・クリムト)

作者のコメント
油性色鉛筆で塗ったので、ちょっと時間がかかりましたが楽しかったです。ただ、線の細い所や白い部分が表現しきれませんでした。

佐伯 京子様の作品

ギャラリートップへ↑

矢野 周子様(埼玉県)

作品名
「ロサ・インディカ・クルエンタ」 (ピエール・J・ルドゥーテ)

作者のコメント
水彩セットに付いてきた、「植物画の塗り方」という解説書を参考にしながら描いてみました。解説書通りにうまく描けたと思います。

矢野 周子様の作品

ギャラリートップへ↑

吉田 和恵様(福井県)

作品名
「レダマ」 (ウイリアム・カーティス)

作者のコメント
油性色鉛筆で塗ってみましたが、原画とは元の紙の色が違うので、シックな雰囲気よりも、きれいな明るい色調になりました。

吉田 和恵様の作品

ギャラリートップへ↑

田村 和子様(神奈川県)

作品名
「東海道五十三次 日本橋」 (歌川広重)

作者のコメント
水彩色鉛筆の先に直接水をつけて、セザンヌ風に塗ってみました。色を使いすぎたような気がしますが、結構気に入ってます。

田村 和子様の作品

ギャラリートップへ↑

宋 三智子様(神奈川県)

作品名
「夢想」 (アルフォンス・ミュシャ)

作者のコメント
油性色鉛筆で塗ってみましたが、高級なパズルを楽しんでいるような感じでした。

宋 三智子様の作品

ギャラリートップへ↑

手嶋 俊介様(埼玉県)

作品名
「晩春」 (竹久夢二)

作者のコメント
おそれ多くも夢二の作品を、自分の色で塗っていいのかと思いつつ、少し明るめに仕上げてみました。

手嶋 俊介様の作品

ギャラリートップへ↑

三浦 佳子様(山梨県)

作品名
「チャボリンドウ」 (ピエール・J・ルドゥーテ)

作者のコメント
久しぶりに絵の具を手に取りましたが、とても楽しんでできました。

三浦 佳子様の作品

ギャラリートップへ↑

熊堀 いく実様(東京都)

作品名
「ロサ・ルテア&ロサ・インディカ」 (ピエール・J・ルドゥーテ)

作者のコメント
面白かったです。一生けん命塗っている時の緊張感がよかった。

熊堀 いく実様の作品

ギャラリートップへ↑

山本 菜摘様(神奈川県)

作品名
「オオムラサキツユクサ」 (ウィリアム・カーティス)

作者のコメント
面白かった。原画を全く参考にしないで、好きなようにやってみました。

山本 菜摘様の作品

ギャラリートップへ↑

田島 恵三様(東京都)

作品名
「東海道五十三次 川崎」 (歌川広重)

作者のコメント
原画のような色はなかなか出せないので、水彩色鉛筆で好きに塗りました。結構はまりました。次は「保土ヶ谷」を塗ってみようと思います。

田島 恵三様の作品

ギャラリートップへ↑

南 信子様(東京都)

作品名
「向日葵雄鶏図」 (伊藤若冲)

作者のコメント
色鉛筆で塗れるので家事や育児の合間にできました。すぐに夢中になれて楽しかったです。別のタッチでまた塗ってみたいです。

南 信子様の作品

ギャラリートップへ↑

原 和佳奈様(静岡県)

作品名
「東海道五十三次 神奈川」 (歌川広重)

作者のコメント
昔の絵だからとっつきにくいかと思ってましたが、色鉛筆で塗っていくうちに人の表情などが面白くて、原画も結構楽しむことができました。

原 和佳奈様の作品

ギャラリートップへ↑

森井 和恵様(埼玉県)

作品名
「リシマキア・ブルビフェラ」 (ウィリアム・カーティス)

作者のコメント
水彩色鉛筆で描いてみましたが、水の含ませ具合で色の表情が変わり、とてもおもしろいと思いました。

森井 和恵様の作品

ギャラリートップへ↑