================================================================== 
       ■■■ 塗絵倶楽部メールマガジン■■■
             2006/02/17発行 
           http://www.nurieclub.com/
==================================================================
 --目次--
 ■「春の塗絵大賞2006」が開幕!
 ■塗絵倶楽部は絵ごころの早期発見・開発を応援します。
 ■個人情報保護とメルマガ配信について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ■「春の塗絵大賞2006」が開幕!

 こんにちは。塗絵倶楽部の川上です。
 
 お待ちかね第3回塗り絵コンテスト「春の塗絵大賞」の詳細が決定しました。今回から、応募のコメントを書きやすいアンケート用紙もご用意しました。締切まで、あと2か月以上ありますので、奮ってご参加ください。

 詳細は下記のURLでご覧ください。

 http://www.nurieclub.com/guide/06Spg_Cont.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ■塗絵倶楽部は絵ごころの早期発見・開発を応援します。

 ある日、ふと思いました。今、大ブレイク中の「大人の塗り絵」は、言い換えれば“昔子供だった人のための塗り絵”ということなのでしょうが、“大人の仲間入りをした人のための塗り絵”でもあり得るのではないか、と。「大人だって塗り絵をやりたい」という人々がこんなにたくさんいたように、「子供だからってアニメの塗り絵ばかり与えないでほしい」という子供がいるかもしれないし、「大人、子供って二分されると行き場がない」という世代もいるはずです。

 それに義務教育中の子供たちのほうが、実は世界の名画と身近に接しているのではないでしょうか。そうとう昔の話で恐縮ですが、私の場合、小学校時代に親が無理して買いそろえたらしい原色学習百科事典が“美術鑑賞の原点”となっているようです。そこには、『読書する少女』と『夜のカフェテラス』と『オーベールの教会』が、ひときわ大きな図版で収録されていました。子供時代に出会った素敵な絵は、心の深いところにすり込まれたようで、めぐりめぐって塗絵倶楽部における私の仕事にも影響を与えているのを感じます。
 
 時は折しも卒業・入学のシーズン。進学・進級のお祝いに画材プラス塗り絵のセットはいかがでしょう? ということで、ご用意したのが『春の絵ごころ応援スペシャル』です。学童向けよりはワンランク上の画材に、華やかな西洋画を8枚組み合わせました。画材は水彩色鉛筆36色とソフトパステル24色と、塗絵倶楽部初のデュアルセット。もちろん普通の(?)大人の方にも自信をもってお勧めできる一式です。

 私の早期学習は図版をながめることに終始していたので、自らアーティストとはなれませんでしたが、名画の塗り絵との出会いが未来の画家、デザイナー、カラーコーディネーターたちの眠れる才能を目覚めさせることになったら…と思うと、わくわくします。この『絵ごころ応援スペシャル』が大ヒットしたら、今度は「子供のための大人の塗り絵」というタイトルの本がずらりと刊行されるのかしら…と想像すると、やや複雑な心境ですが。
 
 独り言が長くなりました。『春の絵ごころ応援スペシャル』のお申し込みは、以下のURLで。
 
 http://www.nurieclub.com/shop/conCierge?pNum=SET-SP06&ot=top

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 ■個人情報保護とメルマガ配信について

 このメールは過去に塗絵倶楽部のホームページで商品をお買い上げ下さったお客様にお送りしています。今後、塗絵倶楽部のメルマガその他のお知らせを受け取りたくない方は、お手数ですが、下記URLにアクセスし、メルマガ配信停止の手続きをお願いいたします。
 http://www.nurieclub.com/guide/melma.html

 塗絵倶楽部はお客様のプライバシー保護を重要な責任ととらえており、いかなる個人情報も無断で他社に提供することはいたしません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。

 【発行元】塗絵倶楽部 http://www.nurieclub.com/
 【発行責任者】川上 洋子(Yoko Kawakami)
 【Eメール】melmaga@nurieclub.com

 〒162-0042 東京都新宿区早稲田町67
 クローバービル2F (株)リリーフ・システムズ
 Tel:0120-568-116 Fax:03-5285-3903
 
 このメールに掲載された記事の無断転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━