塗絵倶楽部トップページへ
お店へ
塗り方のポイント
ギャラリー
よくあるご質問
お問い合わせ
 
 
カタログ請求
水彩色鉛筆の塗り方のポイント

ゴッホの「アイリス」を水彩色鉛筆で塗ってみます。
ここでは本格的な塗り方に挑戦していますが、デザイナーナイフやジェッソを使わずに仕上げることも可能です。筆は5サイズ用意しましたが、8号と2号の2サイズだけでも十分塗り分けられます。

使用する画材
1:24色水彩色鉛筆
2:マスキングテープ(汚したくない部分をカバーします)
3:練り消しゴム(主に修正用に使います)
4:水彩筆(丸筆タイプを5サイズ)
5:絵皿(水を入れて筆先を軽く濡らすのに使います)
6:筆洗器(筆先を軽く濡らすのに使います)
7:デザイナーナイフ
  (塗った部分を削るスクラッチ法に使います)
8:ジェッソ(スクラッチ法の下地として使います)
9:鉛筆削り(カッターでも可)
10:定着液スプレー(色鉛筆の顔料を紙に定着させます)

 

↑先頭に戻る

工程1 絵の外枠にマスキングテープを貼る
背景を塗るときなど、色が枠外へはみ出すのを気にしていると、思い切り塗ることができず、ストレスがたまります。
塗りたくない部分をあらかじめマスキングテープでカバーしておけば、すみずみまで勢いあるタッチで仕上げられます。また、紙を持つときに手の汚れがつくのも防げます。

マスキングテープは完成後に剥がします。

 

↑先頭に戻る

工程2 背景の下塗りをする
背景の黄色を塗っていきます。面積が広い部分は、最初に薄い色、次に濃い色を塗ると大きく失敗しません。水彩色鉛筆の塗り絵では、まずおおざっぱに塗ってから、納得行くまで細かい部分に取り組むのが基本です。ただし、細部にこだわりすぎ、全体を見たらちぐはぐだったということがないよう気をつけましょう。

 

↑先頭に戻る

工程3 色を重ねる
原画「アイリス」の背景色に近づけるため、黄色の上に緑色を重ねていきます。重ね塗りをするときは、横に別の紙を置いて、色加減を試しながら塗ると失敗しません。

 

↑先頭に戻る

工程4 筆で水をのせる
黄色は筆で塗らすと思った以上に濃くなり色が広がるので、色むらに注意しましょう。乾いてから色むらを直すのは困難なので、輪郭内を素早く塗るのがコツです。
部分的な塗りに集中していると、全体の色むらに気がつかない場合があるので気をつけましょう。

筆につけすぎた水を取ったり、紙の上で広がりすぎた色を吸い取るため、片手にティッシュペーパーを用意しておきます。

 

↑先頭に戻る

工程5 さらに色を重ねる
十分に乾いたら、その上から黄土色を塗り、再び水でぼかします。この繰り返しによって、色彩に深みが加わります。

 

↑先頭に戻る

工程6 スクラッチ法で葉を描く
原画にある葉のタッチを出すため、スクラッチ法と呼ばれる技法を使います。まず緑色を塗る前の下地としてジェッソを塗ります。

 

↑先頭に戻る

工程7 ジェッソの上に緑色を塗る
ジェッソは比較的早く乾きますが、乾くのを待つ間に花弁を塗っておきましょう。ジェッソが乾いたら、葉の緑色を塗っていきます。

 

↑先頭に戻る

工程8 水で濃淡をつける
花弁の白っぽいところはわざと塗り残し、周辺の青を水で濡らし広げてみましょう。このように水で伸ばすと、自然な青の濃淡がつけられます。

 

↑先頭に戻る

工程9 ナイフで削る
葉の緑を水でぼかして乾いたら、いよいよデザイナーナイフで削っていきます。ナイフは背の方を使い、下地のジェッソが見えるまで削ります。この作業は普通のカッターでもできます。

ジェッソを塗らずに削るやり方もありますが、紙の色だけでは緑とのコントラストが弱いため、スクラッチ法の効果は弱くなります。

 

↑先頭に戻る

工程10 色鉛筆で微調整する
水彩色鉛筆で「塗ってぼかす」を繰り返すのは、せいぜい3回までが限度です。最後は紙の表面がコーティングされたようになるので、そうなる前に作品を完成にもっていきましょう。

最後の部分的な微調整として、色鉛筆の先に直接水をつけて描いていきます。水をつけすぎたら、ティッシュでぬぐい取りましょう。

 

↑先頭に戻る

工程11 定着液をかける
塗り終わったら、定着液を絵全体にまんべんなくスプレーして、色鉛筆の顔料を紙に定着させます。液が一ヶ所に固まらないよう、少し遠くから吹きかけるようにします。定着液が飛び散るので、紙の下に新聞紙を敷いておきましょう。

定着液を使うときは必ず換気をして下さい(天気の良い日は屋外でするとよいでしょう)。

 

↑先頭に戻る

工程12 マスキングテープを剥がす
外枠に貼ったマスキングテープを取ります。乱暴に剥がすと絵の表面までむけてしまいますので、ゆっくりと慎重に剥がしましょう。

どうしても紙ごと剥がれそうなときは、ドライヤーの熱を当てるとテープの粘着力が落ちて、剥がしやすくなります。

 

↑先頭に戻る

完 成
水彩色鉛筆らしく全体にしっとりとした感じに仕上がりました。花弁の黒っぽい部分は油性色鉛筆の作例より濃くなっていますが、花弁の白さが淡く残っているので、ほどよくメリハリのついた絵になっています。

 

↑先頭に戻る