塗絵倶楽部トップページへ
お店へ
塗り方のポイント
ギャラリー
よくあるご質問
お問い合わせ
 
 
カタログ請求
水彩の塗り方のポイント

ゴッホの「アイリス」を水彩絵の具で塗ってみます。
ここでは本格的な塗り方に挑戦していますが、水彩筆のサイズは必ずしも7種類必要というわけではありません。5種類でも十分に塗り分けられます。

使用する画材
1:24色固形透明水彩
 (重ね塗りしたときに下の色が透けて見えるタイプ)
2:マスキングテープ(汚したくない部分をカバーします)
3:水彩筆(00号から14号まで7サイズ)
4:絵皿
 (筆先を軽く濡らしたり、混色するのに使います)
5:筆洗器(汚れた筆先を洗います)
6:ふきん(筆先を洗ったあと拭うのに使います)

 

↑先頭に戻る

工程1 絵の外枠にマスキングテープを貼る
背景を塗るときなど、色が枠外へはみ出すのを気にしていると、思い切り塗ることができず、ストレスがたまります。
塗りたくない部分をあらかじめマスキングテープでカバーしておけば、すみずみまで勢いあるタッチで仕上げられます。また、紙を持つときに手の汚れがつくのも防げます。

マスキングテープは完成後に剥がします。

 

↑先頭に戻る

工程2 パレットで色を作る
水彩の箱をパレットとして使います。パレットには必ず色の3原色(赤、青、黄)を置き、これらに黒や茶を混ぜ合わせながら、色を作っていきます。これは、特にパレットの大きさが限られている場合に有効な方法です。

 

↑先頭に戻る

工程3 葉を薄く塗る
最初にアイリスの葉から塗っていきます。水彩では、まず薄い色を塗ってから、濃い色をのせていくのが原則です。 水彩になれていない人は、まず水だけを紙に塗り、その上から色をつけてみましょう。こうすると色むらが出にくくなります。

 

↑先頭に戻る

工程4 筆を洗う
筆洗器は3つくらい用意しておき、洗う段階に分けて使用するようにします。たとえば、最初に一番右で洗い、少し汚れが取れたら真ん中ですすぎ、最後に一番左で完全に落とすというように決めておきましょう。 筆に前の色が残っていると、思いどおりの色が出ないので、筆はまめに洗ってください。

 

↑先頭に戻る

工程5 花弁の濃淡を描く
花弁を塗るときは、色の広がりを生かす気持ちで塗ります。先に塗った薄い色が乾く前に濃い色をのせると、自然に溶け合った濃淡ができます。濃すぎたときはティッシュペーパーで拭き取りましょう。

 

↑先頭に戻る

工程6 細部を塗る
水彩は、細部を塗るときも、原画にとらわれず自由に塗ることをおすすめします。「アイリス」の原画は油絵ですから、あくまでも参考程度と考え、水彩らしい色の遊びを生かした作品を目指しましょう。

 

↑先頭に戻る

工程7 壷に濃淡をつける
壺はまず全体に水をつけた後、太めの筆を使って薄黄色で塗っていきましょう。その上に濃いめの茶色を重ね、薄黄色の中に茶色が自然に広がっていくようにします。

 

↑先頭に戻る

工程8 テーブルを塗る
テーブルは筆を横に動かしながら塗っていきますが、垂れ下がった花や葉に茶色が入らないように気をつけます。

 

↑先頭に戻る

工程9 ドライヤーで乾かす
テーブルのような広い面積を早く乾かしたいときは、ヘアドライヤーを使います。また、にじみを止めたいときもドライヤーが便利です。ただし一部分だけ集中的に熱すると、ムラになることがあるので気をつけましょう。

 

↑先頭に戻る

工程10 背景を塗る
背景を一気に塗ろうとすると、絵の具や水のつけ具合が一定しなかったり、先に乾いたところがムラになったりします。これを防ぐため、一度に塗る範囲をある程度決めてから塗りましょう。

 

↑先頭に戻る

工程11 マスキングテープを剥がす
外枠に貼ったマスキングテープを取ります。乱暴に剥がすと絵の表面までむけてしまいますので、ゆっくりと慎重に剥がしましょう。

どうしても紙ごと剥がれそうなときは、ドライヤーの熱を当てるとテープの粘着力が落ちて、剥がしやすくなります。

 

↑先頭に戻る

完 成
原画の「アイリス」とはまったく違うタッチに仕上がりました。オリジナルのような油絵独特の重厚感はありませんが、水彩らしい発色の良さと濃淡が効いているのではないでしょうか。

 

↑先頭に戻る